性別用を使う | 通販で買える媚薬で夜の生活を盛り上げよう!
色々な薬

性別用を使う

媚薬を使うと、エッチがしたくなる!というのはわかるのですが、じゃあ適当に買って使えばお互いにノリノリでーとなるかというとそうでもありません。これにはわけがあって媚薬の効き目が男性と女性では違うというのがその理由。

例えば女性の性的興奮といえばいわゆる濡れるということですが、「性的興奮をしているとき」はじめて女性は濡れていきます。男性はそうでなくても朝勃ちなどの生理現象として勃つこともありますが、女性はそういったことはありません。そこが男女の違いだともいえるでしょう。つまり女性の脳では、濡れるということは性的興奮をしているというふうに認識をしているのですが、これをうまく利用しているのが「女性用媚薬」なのです。女性用媚薬は性的興奮をしてない状態でも、濡れるようにするお薬なので、女性の脳は「濡れてるなら興奮しなくては」と錯覚し、性的興奮を感じるようになるというになってくるのです。

男性は、先述したとおり勃起していると必ずしも性的興奮をしているかというとそうでもありません。男性の性的興奮促進させるのに必要なのは「テストステロン」という男性ホルモンであり。これを上げるのが男性用媚薬というわけなのです。
テストステロンは興奮状態では通常の2倍近くまで高まっている状態だといわれています。そこを応用するので効果は期待出来るのはいうまでもありません。